がん検診について

 

がん予防およびがん早期診断のための検診を受けませんんか?

他の医療機関では行っていない特徴ある検診を行っております。

詳しくは、当院までお問い合わせください。

 

がん遺伝子検査とは

がんは、生活習慣、例えば偏った食生活や過度の飲酒、喫煙など、または生活環境、加齢などにより遺伝子に変異が起こって発病します。

がん細胞は、正常な細胞の遺伝子が生活習慣や生活環境などの要因で傷つけられることで生まれます。生まれたばかりのがん細胞は、体内の免疫の働きによって死滅してしまうこともあるのですが、中には生き残るものもあります。

遺伝子に変異が起こりがん遺伝子になると、それがまわりの正常な細胞を浸食してがん化を促進する車のアクセルのような役割をして、さらに"がん遺伝子"が活性化します。また、がんの発生を抑えブレーキの役割をする"がん抑制遺伝子"も傷つけていき、さらに正常な細胞をがん細胞へと変化させていきます。

従来のがん検診では、がんは5mm以上の大きさにならないと見つかりにくいと言われています。しかし、がんはたった一つのがん細胞が長い年月をかけて増殖し、初めて目に見える大きさになります。

この「がん遺伝子検査」はまだごく小さながん細胞でも、血液を調べることによりがんにかかるリスクがどの程度のものかを分析することができ、がんを未然に予防するチャンスを与えてくれます。がん治療後においても、再発に向かっているのか、改善されつつあるのか、再発予防管理が可能となります。

この「がん遺伝子検査」では、その目に見えない遺伝子レベルでの段階をリスクとして可視化します。さらにわかりやすくいいますと、先に述べたがん細胞を増やす車の"アクセル"のような働きをする"がん遺伝子"の活性度や、がん細胞の増殖を止めるブレーキのような役割をする"がん抑制遺伝子"の壊れ具合を調べます。これらの遺伝子の状態は、予防や治療に努めることにより改善することができますので、「がん遺伝子検査」を定期的に受診することで、ご自分のがんリスクの変化を知り、予防に役立てることができます。

この「がん遺伝子検査」に異常があれば、がんを予防することができます。また通常の画像診断等による「がん検診」に異常があれば、早期発見・早期治療ができます。この双方に異常がなければ、がんに対する安心感が深まります。予防、早期発見、早期治療には双方の検査をうまく組み合わせて定期的に受診することが効果的です。

検査自体は、採血のみです。がん治療後の患者さんで、さまざまな検査や治療を受けて来られた方でも安心して受診していただけます。

遺伝性乳がんと卵巣がんの BRCA1/2 遺伝子検査とは

乳がんや卵巣がんが多く見られる家系について調べた研究によって、乳がんや卵巣がんの発症と関連している2種類の遺伝子が同定され、それぞれ BRCA1遺伝子、BRCA2遺伝子と名づけられました。これらの遺伝子のどちらかに、生まれつき病的変異があると、乳がんや卵巣がんを発症するリスクが高くなることが分かっており、「遺伝性乳がん・卵巣がん症候群」と診断されます。遺伝性乳がん・卵巣がん症候群は、HBOC(英語名 Hereditary Breast and Ovarian Cancer Syndromeの略称)とも呼ばれます。 また、病的変異のある遺伝子は、親から子へ受け継がれる確率が高くなります。よって、ご家族(血縁者)の中に乳がんや卵巣がんを発症した方が複数見られることがあります。 しかし、病的変異を受け継いだからといって、かならずがんを発症するわけではありません。

 

 

遺伝性乳がんと卵巣がんについて

●乳がんの5~10%と卵巣がんの10~15%は遺伝性です。
 遺伝性乳がん患者さんの40~45%が、BRCA1/2遺伝子の変異によるものです。

●乳がん・卵巣がんの家族歴のある患者さんの80%が、BRCA1/2の変異遺伝子を
 保因しています。

●BRCA1変異のある患者さんの乳がん罹患率は90%、卵巣がん罹患率は54%に達し、
 BRCA2変異のある患者さんの乳がん罹患率は85%、卵巣がん罹患率は11%に達します。

 

BRCA1/2遺伝子検査対象者

●すでに乳がんあるいは卵巣がんを発症している方で、遺伝性乳がん・卵巣がんの可能性がある場合

●BRCA1/2遺伝子検査で変異が検出されたご家族(血縁者)がいらっしゃる場合など

検査期間 40日

検 査 日 月曜日

※上記の曜日のうち、翌日が祝日の場合は検査はございません。
 詳しくは受付までお問い合わせください。